Homeに戻る
オプタコア社取扱製品 インスツルテック社取扱製品 オプトスカンド社取扱製品 ユートロニク社取扱製品 レイマット社取扱製品 オンドラチカ社取扱製品 取扱製品一覧 ニュース 会社案内
光ファイバ母材製造FCVDシステム
LBD:Laser Beam Delivery unit

レーザビーム配送ユニット(LBD)は、通常レーザ光源キャビネット内へ組込む目的で設計されました。
レーザ光源からのコリメートされたビームを導入・集光して、出力ファイバへ出射します。
LBDは1入力2出力のFFSを構成する基本ユニットです。
最大3台まで共通ベース上に組付けることによって1入力6出力が可能です。
組込まれた制御システムにはセーフティーインターロック機能も持っています。

製品の仕様
Version: 2分岐、4分岐、6分岐、時分割、エネルギー分割
Interface: QB, QD, Q5シリーズファイバケーブル
倍率: 0.8〜2.0倍
NA: 0.15〜0.18倍
Mean Power: 5kW
その他: DGUV安全基準適合、高速ファイバ破断検知、水冷
 
FFS:Fiber to Fiber Optic Switch

ファイバ間オプティックスイッチ(FFS)は、一つのレーザ光源からの入射光を2、4、6本の光ファイバケーブルへ時分割もしくはエネルギー分割によって分岐します。

製品の特徴
Version: 2分岐、4分岐、6分岐、時分割、エネルギー分割
Interface: QB, QD, Q5シリーズファイバケーブル
倍率: 0.6〜2.0倍
NA: 0.15〜0.18倍
Mean Power: 5kW
その他: DGUV安全基準適合、高速ファイバ破断検知、水冷
 
FFC:Fiber to FiberCoupling unit

ファイバ間接続ユニット(FFC)は、ファイバケーブル同士を接続してレーザビームを導通します。
FFCの外形は可能な限りコンパクトに設計されておりスタンドアロンで作動します。
FFCをうまく使えばロボット用途例のような距離の長いファイバケーブルを暴露した空間を引き回す必要が軽減されます。

製品の特徴
Interface: QB, QD, Q5シリーズファイバケーブル
倍率: 0.6〜2.0倍
NA: 0.15〜0.18倍
Mean Power: 5kW
その他: DGUV安全基準適合、高速ファイバ破断検知、水冷
 
BDM:Beam Delivery Module

ビーム配送モジュール(BDM)は、レーザ光源キャビネット内へ組込む目的で設計されました。
モジュラー方式を採用しています。
集光モジュール、スイッチモジュール、ビーム曲折モジュールを用意しています。
各々のモジュールは時分割もしくはエネルギー分割の選択が可能です。
BDMに組込まれた電子制御システムはセーフティーインターロック機能も持っています。

製品の特徴
焦点距離 (FCU): 50, 60, 100mm
Mean Power: 5kW
その他: DGUV安全基準適合
 
FFCac:Fiber to Fiber Coupler Air-cooled

新開発の空冷式ファイバ間接続ユニットです。

製品の特徴
Interface: QB, QD, Q5シリーズファイバケーブル
倍率: 0.6, 1.0, 1.2倍
NA: 0.09〜0.18倍
Mean Power: 3kW
その他: DGUV安全基準適合、高速ファイバ破断検知、空冷
 
AAM:Auto-Aligning Module

FFSやFFCなどのファイバカップリングユニット(FCU)のフォーカスレンズのx, y, z方向の光軸をプロセスファイバケーブルのコアの中心に来るように高速ファイバ破断検知(FFBD)信号を使ってフォーカスレンズの最適位置を自動で調整するツールです。

前のページへ戻る
株式会社エフティ・オークラ サイトマップ 個人情報保護方針 お問い合わせ